歴史 | 飛田新地、信太山新地の求人で働きませんか

歴史

海にいる女性

現代のような風俗の制度が始まったのは、江戸時代にあった遊郭が最初と言われています。
遊郭で働いていた人達と言うのは、田舎から借金の為に売られてきた子供でした。
その為に、年期と言われる期間をしっかり働ききらなければ出かける事は出来ませんでした。
もしくは水揚げと言う制度にならって誰かに見初めて貰う以外に遊女が外の世界で暮らす事は出来なかったのです。

しかし、当時の遊女は現代の風俗嬢とは少々違い、いわゆる技術職のような感覚も持ちあわせていました。
性的なサービスで披露する為の特別な技術を疲労し、更に教養があり書道や茶道、華道に関しての知識も豊富で賢くなければいけなかったのです。
実際、当時に遊郭の中でトップになった女性は花魁と呼ばれ、庶民の憧れの的になっていたのです。
現代とは少々仕様が違いますが、お金の為に風俗的な業界に落ちてきていると言う点では現代に通じる物があります。

今でも借金や何らかの目的でお金を集めなければいけない人が利用する最終手段として使っている人もおります。